持っていても損はなく、いざというときに頼れる年会費無料のカード

社会に出て働くようになりますと、今まで以上に出費がかさむようになります。 今までは自分の好きなことに自由にお金を使うことができた人も、社会人として働くようになると家賃や公共料金、税金に保険など、月々払わないといけない出費が増えるようになるからです。 他にも、突然の出張や会社での飲み会など、急な出費がかさんだ結果、収入を上回るような費用が発生することも大人になると当たり前のようにあります。 どれほど完璧に計画を組んでも予定外の出費はあります。怪我や病気は望んでいなくても起こりますし、そのような突然の出費に対して事前に備えをしておくことが社会人には求められます。 もともと貯金のあるという人や、高収入のある人であれば急な出費があっても落ち着いて対処することができます。 しかし、それほど蓄えのないという人や低所得の人であれば、万が一の事態に備えてクレジットカードを作っておくと、特に利用目的がなくても精神的に心を落ち着けて生活することができるようになります。 クレジットカードを選ぶときは、比較サイトを使うと便利です。【クレジットカード比較のすすめ

クレジットカードがたった一枚あるだけで、貯金のない人も、低所得の人であっても、それほどお金に対して心配をせずに生活ができるのです。 昔と違い、最近はクレジットカードが使えるお店が増えました。なによりも、インターネットの通販サイトが発達しているおかげで大半の商品はネットで購入できますし、インターネットの決済はクレジットカードが主流なので、たとえ金欠で生活費が足りなくなっても、必要なものはクレジットカード決済で簡単に手に入れることができます。

このように便利で役立つクレジットカードは、現代人にとって必須のアイテムになりますので、まだ持っていないという人は事前に作ることをオススメします。 ただし、今まで一度もクレジットカードを作ったことがなく、特に今後利用する予定も今のところはないという人は、できるだけランニングコストのかからないクレジットカードがオススメです。 年会費や管理費用が発生するようなクレジットカードでは、カード決済をしなくてもお金がかかりますが、年会費無料のクレジットカードならば持っていても損はなく、まさにいざというときに頼れるカードになるからです。

加えて、クレジットカードは申し込みだけならば無料で簡単にできます。 インターネットのオンライン申し込みであれば、クレジットカード会社のWEBサイトにアクセスし、必要な情報を入力するだけなので、時間にすれば10分程度で申し込みを完結させられます。 あとは審査が終了するのを待つだけです。 カードによりますが、スムーズに手続きが進めば申し込み後、一週間から十日ほどでクレジットカードを手似れることができ、いざというときに備えられるようになります。 カードは届いた日からすぐに利用することができますので、当分使う予定がないという人であっても、一度物は試しにカード決済をしてショッピングや買い物をしてみましょう。 ポイント還元率の高いカードであれば、ショッピング額に応じてポイントが付与されますので、現金決済をするよりもお得に買い物ができます。 年会費無料のクレジットカードは、ランニングコストもかからず、作っておいて損がないため、初めての人であっても安心して申し込めるのです。

グレーな金融として以前から存在していましたが、「クレジットカード現金化」の業者が最近また増えてきているようです。法規制などの影響もあり、ショッピング枠を現金化する方法は下記のような流れで変わってきています。
【1】クレジットカードで新幹線の回数券など、換金性の高い商品を購入させ、それを業者が70%〜80%程度の現金で買い取り。
⇒ショッピング枠の換金を防止するため、現在はクレジットカードで新幹線の回数券を大量に購入すると、クレジットカード会社から連絡が入り、カードの利用を即時停止されます。
【2】店舗を持たない現金化業者がWEBサイトで集客を行い、利用者にオンラインでクレジットカード決済をさせる(ネットショッピング)。その商品の購入特典として、70%〜80%の現金をキャッシュバックする。
⇒商品は全く価値のないものや購入金額に見合わないものであり、購入した商品を利用者に発送しない業者が多くみられました。そのため、実質的に「金融」としてみなされ、貸金業法違反として取り締まりの対象となりました。業者に逮捕者が出たことから、この方法は現在はほぼなくなっています。
【3】店舗を持たない現金化業者がWEBサイトで集客を行い、利用者にオンラインでクレジットカード決済をさせる(ネットショッピング)。ここまでは【2】と同様だが、購入する商品は決済額に見合った価値のあるものになり、また、一度購入した商品を利用者に郵送するようになった。その後、利用者から業者に商品を返送し、現金で買い取りする。
⇒上記の方法では、単純に「古物買取」になるため、現状の法律では取り締まることはできないようです。現在でもこの方法で営業を行っている業者は多数存在します。
クレジット枠の現金化はカード会社に発覚した場合、カードの利用を停止されます。くれぐれも利用することの内容にご注意ください。